【Vlo.25】脂質異常症

2020.12.21 今日の衛生委員会

日本人で最も多い病気は何か分かりますか?
風邪ですか?
脂質異常症です。
健康診断で3割の人が脂質異常症と診断されており、その数は年々増加しています。
その理由として食生活の欧米化、運動不足などが関係していると考えられています。
そんなに多いのですね。
脂質異常症を放っておくと、血液中に余分な脂肪分が増え、血液がドロドロの状態になります。
血管の内側にこびりつくと、動脈硬化となり、狭心症心筋梗塞、脳梗塞を引き起こします。
危険な病気なんですね。ちなみに、脂質異常症はどんなことが原因で発症するのですか?
脂質異常症の発症には、過食、運動不足、肥満、喫煙、アルコールの飲みすぎ、ストレスなどが関係していると言われています。
特に、お腹の中に脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」の方はLDLコレステロールや中性脂肪が多くなり、HDLコレステロールが少なくなりやすい傾向があります。
なるほど。
その他にも、遺伝的な要因によって起こる「家族性高コレステロール血症」と呼ばれているものもあります。
このタイプは、遺伝性ではないタイプのものに比べてLDLコレステロール値が著しく高く、動脈硬化が進行しやすいことが知られています。親や祖父母、兄弟など血のつながったご家族に脂質異常症や55歳未満(男性の場合)または65歳未満(女性の場合)で心筋梗塞を起こした方がいる場合、家族性高コレステロール血症の可能性があります。
まず、ご自身のLDLコレステロール値を確認してみましょう。
様々な原因があるのですね。早速LDLコレステロール値を確認します。
また、脂質異常症には、今まで述べたような血液中の脂質濃度が基準値よりも高い「高脂血症」と、その逆の状態である「低脂血症」があります。
「低脂血症」についても、何らかの原因で「低栄養状態」を表しているので、放置して良いものではありません。
低ければ低いほど良いというものではないのですね。脂質異常症にはどんな症状がありますか?
多くの場合、脂質異常症は症状が現れることはありません。
健康診断で“検査値がよくない”と言われても、自覚症状がないので放置してしまっている方も多いです。実は、これが脂質異常症の怖いところで、気がつかないうちに動脈硬化が進んでしまうかもしれないのです。
それは気をつけないといけないですね。
脂質異常症は、診断も治療も最も簡単な病気です。
そうなんですか!?
脂質異常症は中性脂肪やコレステロール値が高い状態なのですが、食事療法で改善します。
肉をやめて魚を摂るように心がけていますが…
脂質異常症の原因は、肉ではなく、です。加熱に使う油が主原因です。
なるほど。
人類は何万年もかけて、食物を加熱する方法を次々に発明してきました。現在存在する加熱方法は6つです。
何ですか?
①蒸す、②煮る、③焼く、④炒める、⑤揚げる、⑥電子レンジです。
そうなんですね。
④と⑤が脂質異常症の原因です。
そうですか。
肉や魚や野菜を食べるとき、①、②、③で食べるようにすれば、脂質異常症は3カ月くらいで治ります。
つらそうです。
例えば、鶏肉の料理には、①棒棒鶏、②鶏鍋、③焼き鳥、④鶏の照り焼き、⑤鶏の唐揚げなどがあります。
④と⑤をやめて、①・②・③を選択すれば良いのです。
そうなんですね。
カツ、唐揚げ、天ぷら、フライ、コロッケが脂質異常症を悪化させます。
これを、豚しゃぶ、焼き鳥、刺身、煮魚、肉じゃがにすると、脂質異常症が改善します。
そうなんですか。
例えば、豚カツは肉の部分がタンパク質で、白い部分が脂質です。これを、豚しゃぶなどでお湯にくぐらせ、油を落とすと、丁度いいくらいの脂質が残ります。豚カツというのは、その脂を100%残した上に、パン粉と小麦粉という炭水化物で包み、植物油で揚げるのです。
油たっぷりですね…
oil on fatです。
どういう意味ですか?
oilfatです。植物油動物性脂肪の違いですね。
カツ丼もダメですか?
控えた方がいいです。冷えたコロッケも控えてください。
お弁当にだいたい入っていますが…
油は加熱すると酸化します。脂質が空気中の酸素と結合することで、「過酸化脂質」という有害物質が発生します。冷える過程でその反応が進行していきます。
スーパーでよく買いますが…
油を何カ月も変えず、つぎ足している業者もあります。100人が入った風呂の水を飲むようなものですよ…
それは、嫌ですね。
肉、魚、野菜は、蒸すか、煮るか、焼くかの調理方法を選ぶようにして、健康的な食生活を目指しましょう!