【Vol.21】頭痛

2020.08.21 コラム

頭痛持ちの社員で、時々欠勤する者がいるのですが…
まず、頭痛は、命に関わるものを除外診断する必要があります。
と言いますと?
頭痛の原因で、最も緊急性が高く、致死性も高いのが、クモ膜下出血という病気です。
これは、突然の頭痛を特徴としており、救急医または脳神経外科医による診察が必要です。
他にも命に関わる頭痛があるのでしょうか?
脳腫瘍です。ただ、これは命には関わりますが、緊急性は少し低くなります。
なるほど。
どちらも、頭部CTとMRIを撮れば診断がつきます。
分かりました。
これらの致死的な頭痛ではないと分かったら 、あとは片頭痛筋緊張性頭痛などの、慢性的な頭痛として対処していく必要があります。
片頭痛持ちの社員は時々しんどそうにしています。
片頭痛の原因はよく分かっていないのですが、頭部の血管の異常収縮と拡張が本態とされています。
時々吐き気もあるみたいですね。
そうなんです。神経内科で痛みや症状のコントロールを受ける必要があります。
脳神経外科ではないんですか?
脳神経外科は、クモ膜下出血や脳腫瘍などの、外科的手術が必要な頭部の疾患を専門とする診療科です。
まずは神経内科で症状をご相談していただくのが良いと思います。
分かりました。
片頭痛を悪化させる誘因として、コーヒー、長時間のパソコン作業、精神的なストレスがあります。
うちの社員は全部当てはまります…
それらの誘因を軽減させることと、内服治療が、片頭痛の方には必要となります。
配慮いたします…