【Vol.14】法律のプロ~もちは餅屋~

2019.09.28 労働安全衛生法の解説

本日もよろしくおねがいします。
では、本日は、「法律のプロ」と題して話をしましょうか。
「法律のプロ」ですか。
「弁護士」の話しですか?
もちろん、法律といえば弁護士さんを真っ先に想像されますよね。
でも、実は法律には分野があるんですよ。
詳しく聞かせてください。
では、「憲法」は誰のためにあると思いますか?
憲法は・・・国民のためですかね?
いえ、憲法は、政治家のためにあるんですね。
ほぉ~
正確にいうと、天皇家と国会議員など国家権力を使える人たちのための法なんです。
そうなんですね。
では、「刑法」は誰に対する命令となるでしょうか?
憲法が、国家権力を使う人たちということは・・・
刑法は、裁判官(判事)に対する命令なんです。
なるほど。
もうひとつお伺いしますよ。笑
はっ、はい。
「刑事訴訟法」は?
これは、検察官でしょうか?
その通りです。
では、「民事訴訟法」は・・・弁護士ですね。
あっ、それは先生が言っちゃうんですね。苦笑
これは失礼。笑
では、最後です。
はい。
「労働安全衛生法」は誰でしょうか?
産業医!です。
そう!ではないんです。
えっ・・・?
「労働衛生コンサルタント」が労働安全衛生法のプロなんです。
労働衛生コンサルタント・・・
あまり知られていない、資格取得は難しい割にマイナーな資格なんです。苦笑
へぇ~、そうなんですね。
では、次回はこの「労働衛生コンサルタント」についてお話ししましょうか。
はい。よろしくお願いします。