【Vol.7】頑張るのは良いこと?

2019.09.28 今日の衛生委員会

こんにちは。
よろしくお願いします。
こんにちは。
先生、相談があるんですが?
はい。どうされました?
実は、かなり評価している部下がいまして。
素晴らしいですね。
えぇ~・・・まぁ、その子の様子が最近少しおかしいんですよ。
おかしい・・・とおっしゃいますと?
元々すごく頑張る子でして・・・
依頼事をすると素早く対応して返してくれていたんですね。
はい。
それが、最近めっきり対応スピード・精度も落ちてしまっているんです。
それは心配になりますね。
そうなんです。
これまでは信頼感もあって、周りから仕事を頼まれることも多かったんですけどね・・・
そうですね。
私も事務方の部下がいてまして、その子たちに言っていることがあるんです。
はい。
仕事で大切なことは、
 (1)スピードを上げる
 (2)ポカミスを減らす
        なのだと。
おっしゃる通りですね。
この2点を徹底することが、仕事上の信頼となるんです。
はい。
そして、信頼を得るために「頑張る」と言いますよね?
そうですね。
みなさん、頑張っている顔ってどんな顔ですか?
眉間にしわを寄せて必死な顔ですかね。
そこなんですよね。
??
がんばる → × 頑張る
       ◎ 顔晴る
「顔晴る」ですか?
はい。これは、斎藤一人氏の「強運」に書かれている造語なんです。
私は、「頑張る」という字を「顔晴る」と書きます。
「気合」という字は「気愛」と書きます。
(斎藤一人 「強運」より)
はい。
水鳥は、涼しい顔をして水面を移動しますよね?
そうですね。
でも、水面下では足をバタつかせています。
なるほど。
常に冷静さを保ちながら、確実に業務を行う。
これこそ顔晴ることなんですね。
頑張って途中で息切れしては、せっかく積み上げてきた信頼も失いかねませんもんね。
まぁ、人ですから失敗をゼロにするということは難しいですし、失敗から学ぶことも多いですからね。
彼には、まだまだ顔晴ってもらいたいですし、失敗があっても顔晴れるチームでありたいもんですね。
そうですね。
そうすればチーム力も向上して、生産性も向上しやすいんじゃないですかね。
先生、ありがとうございます。
彼とも話してみます!
ストレスチェックも近くありますし、みんなが顔晴れる会社でありたいです。
はい。
彼だけでなく、社内に広めてみんなで顔晴りましょう!