医療法人 福命会 健康管理支援室

TEL06-6263-2255

営業時間 平日9:00〜17:00 / 定休日 土日祝日

PAGE TOP

role

職場の安全性向上も産業医の役目

危険な箇所の早期発見、労働環境の向上など、
従業員に危険が及ばないように産業医による巡視で安全な企業運営を

昔は「工場医」と呼ばれていた産業医、
高度経済成長と共にオフィスワークが増え、
2018年6月に労働安全衛生規則などが改正され、事業者による週次の職場巡視結果の情報提供職場巡視の頻度が

産業医の必要・不要の
判断ポイントとは?

Point

産業医は企業ごとの「健康」・「環境」・「作業」の3つを管理する役割を担っております。健康面の管理に注目が集まりがちですが、職場環境、作業環境の管理も大切になりますので、3つのバランスが取れるように注意しましょう。

産業医が必要なケース

産業医が管理する3項目

No
01

健康管理

健康診断やストレスチェックの結果、勤務時間などを基に労働者の健康保持増進に努める

No
02

環境管理

産業医による月1回(諸条件を満たした場合、2ヶ月に1回)の職場巡視と衛生管理者による週1回の職場巡視結果確認

No
03

作業管理

安全衛生教育
安全装置の設置の確認
一人作業者への安全配慮方法の確認

産業医が行う主な職場巡視項目

01

4Sの確認

職場環境において整理、整頓、清掃、清潔がされているか。

02

温熱環境

温熱環境温度計、湿度計の設置、冷暖房環境、事務所衛生基準規則を遵守しているか。

03

室内照度

事務作業の場合でも最低500ルクス〜、通常750ルクス〜、設計業務1500ルクス〜を推奨。(JIS 事務所の照度基準)

04

VDT作業環境

コンピュータを用いた作業においてハードが健康被害を及ぼさない適切な運用がされているか。

05

トイレの衛生環境

男女のトイレが分けられているか。
その他、食堂・炊事場の担当者用にトイレを分けれているか。

06

休養・休憩室

(休養)が床(横になれる)スペースがあるか。
(休憩)仕事の合間や休憩時間にリラックスできるスペースがあるか。

07

非常設備の確認

AED・消火器などの設置場所と動作の確認。

08

休憩室の衛生管理

生ごみの臭いがないか、冷蔵庫の中の保存期限など。

09

室温の確認

空調設備がある場合、温度17~28℃、湿度40~70% になっているか

巡視項目についての注意事項

  • 倉庫などの荷物保管場所以外で、高所(目安170cm以上)に荷物が置かれていないか。
  • 救急箱の設置
  • 廃棄品が安全に管理されているか

安全性の向上による変化とメリット

Merit

産業医に何を求めますか?

まずは法令遵守!?
すでに、社内で労働安全衛生の問題が表面化しているから即相談・対応・解決したい?
人事労務や総務担当の労働安全衛生業務の業務効率化?
今後も含めて多拠点対応も考慮しておきますか?

産業医の紹介元はどこにしますか?これによっても産業医の選択範囲が大きく異なります。

健康面でのメリット

  • 肉体面・精神面の定期ケアによる社員士気の向上と離職率の低下
  • 健診結果でわからないことや、生活習慣に対する指導やアドバイスを受けることができる
  • 精神的な問題も面談してもらえるので精神的に安心感を持って働けるようになった
  • 持病がありながら働いている場合、体調が悪化した時や不安になったときに相談できる
  • 産業医や保健師による講話(労働衛生教育)の社内周知により健康に対する意識が向上した

環境面でのメリット

  • 社員一人あたりの労働量把握、過重労働の改善
  • 職場巡視では、有害性や危険性といった現場を確認し、職場の安全・衛生面の改善を提案してもらえる
  • 会社や上司に直接伝えづらい場合、産業医や保健師に相談することで、会社へ意見してもらえる
  • 衛生管理者による週次職場巡視へのアドバイス

作業面でのメリット

  • 作業環境の危険箇所を是正・怪我、事故によるリスクを低減
  • 職場巡視では、有害性や危険性といった現場を確認し、職場の安全・衛生面の改善を提案してもらえる

業界ごとにチェックする
“産業医導入のポイント”

Industry

一口に産業医の導入と言っても、業界・業種によって押さえておくべきポイントやメリットは様々です。
導入における失敗事例は業界と産業医のミスマッチによって起こりがちですので、
しっかりと業界別のポイントを押さえた上で導入をしていただければ、よりよい社内環境の形成に役立つでしょう。

READ MORE

各種お問い合わせ・お申し込み

CONTACT

産業医の選任に限らず、社員の健康に関するお悩みがあればご相談ください。
多拠点展開されている企業、産業医選任義務のない小規模事業場、総務担当者が過重労働になっているなどお困りごとをご相談ください。

PHONE

お電話でのお問い合わせ

【電話番号】

06-6263-2255

営業時間 | 平日9:00〜17:00
定休日 | 土日祝日

PHONE

お電話でのお問い合わせ

【電話番号】

06-6263-2255

営業時間 | 平日9:00〜17:00
定休日 | 土日祝日

MAIL

無料相談メールフォーム

24時間365日受付中

産業医に関するご相談・ご質問など、
お気軽に無料相談フォームよりご連絡ください。

メールフォームはこちらから

企業のご担当者様へ