メニュー

騒音対策について~騒音性難聴の予防の必要性・騒音測定~

[2022.07.13]

弊会理事長で、代表産業医である井上医師は、帝国データバンクで、月に2回、労働安全衛生に関する記事「カンパニードクター井上敬先生に聞く 産業医Q&A」の執筆をしております。
今回は2022年6月22日に掲載された「Vol.118騒音対策②~騒音性難聴の予防の必要性・騒音測定~」を簡単にご紹介いたします。
◎記事の概要◎
工事音などに起因する騒音性難聴は、症状が悪化すると完治させることができません。
日頃からの予防が大切です。やむを得ず騒音環境で作業をする場合には、防音保護具を着用してください。
定期的に耳を休ませる習慣をつけたり、他の要因(ストレスや疲労などを)溜めないために規則正しい生活を心がけましょう。

騒音測定、騒音障害防止のためのガイドラインの一部もご紹介していますので、添付記事も併せてご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME