メニュー

転倒災害について

[2022.10.17]

今回は、「転倒災害」についてです。

10月10日は日本転倒予防学会が制定する「転倒予防の日」です!
厚生労働省と消費者庁が、日本転倒予防学会と協力して、国民に対する転倒予防の呼びかけを行っています。

職場における労働災害については、年間125,115件中、転倒が30,929件で全体の25%を占め、最も多く報告されており、近年増加傾向にあります。
災害の状況は、1か月以上の休業が約6割、女性が6割、50代以上が約7割です。
(出典:令和2年 労働者死傷病報告)

次回以降、安全・安心な職場づくりのための転倒防止対策をご紹介していきます!
今一度、各事業場での転倒予防に関する取組みについて、ご確認をお願いいたします。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME