メニュー

転倒予防対策について

[2022.10.21]

今回は、「転倒予防対策」についてです。

転倒による労働災害は最も多く、労働災害全体の約25%を占めています。
転倒による怪我の約6割が休業1か月以上に及ぶものです。

安全・安心な職場づくりのため、転倒防止対策に取り組みましょう。
対策例をご紹介していきます。

【危険の見える化】
危険の「見える化」は、職場の危険を可視化(=見える化)し、従業員全員で共有することです。転倒のおそれのある箇所がわかっていれば、慎重に行動することができます。
職場の中で転倒災害が多発している箇所は、危険マップやステッカーの貼り付けなどにより作業員全員で情報を共有し、安全意識を高めましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME