メニュー

転倒について

[2022.10.18]

今回は、「転倒」についてです。

転倒による労働災害は最も多く、労働災害全体の約25%を占めています。
転倒による怪我の約6割が休業1か月以上に及ぶものです。

安全・安心な職場づくりのため、転倒防止対策に取り組みましょう。
対策のポイントは以下のとおりです。

 ●作業場所の整理整頓
 ●作業場所の清掃
 ●毎日の運動
 ●危険箇所の見える化
 ●手すりの設置
 ●滑りにくい靴の着用

転倒災害は、大きく3種類に分けられます。
皆様の職場にも似たような危険がないかご確認ください。

 ■滑り
 ■つまずき
 ■踏み外し

厚生労働省では{STOP!転倒災害プロジェクト」を推進しています。
具体的な対策は、「STOP!転倒」で検索していただけます。ご参考になさってください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME