メニュー

転倒

[2023.08.17]

今回は、「転倒」についてです。

転送災害は最も多い労働災害で、全体の約20%強、60歳以上の高年齢者の比率が約50%を占め、
この防止対策が不可欠な状況です。
また、高齢化社会に伴い、更に件数は増えることが予想されています。

転倒災害の特徴は、60歳以上の高年齢者の比率が約50%を占め、経験年数が5年以上の労働者が被災する場合も50%を超えています。
また、被災者の60%以上が1か月以上の休業を余儀なくされています。

【転倒災害の種類と主な原因】
 ●滑り
  ・床に水や油が飛散している
  ・ビニールや紙など、滑りやすい異物が床に落ちている
  ・床が滑りやすい素材である
 ●つまづき
  ・床面の凹凸や段差がある
  ・通路等に荷物や商品などが放置されている
  ・自分で思ったより足が上がらない
 ●踏み外し
  ・大きな荷物を抱えるなど、足元が見えない状態で作業している
  ・階段、通路、作業場が暗い

次回、転倒災害防止対策をご紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME