メニュー

衛生管理者と安全管理者について

[2023.01.11]

弊会理事長で、代表産業医である井上医師は、帝国データバンクで、月に2回、労働安全衛生に関する記事「カンパニードクター井上敬先生に聞く 産業医Q&A」の執筆をしております。
今回は2023年1月11日に掲載された「Vol.131 衛生管理者と安全管理者①」を簡単にご紹介いたします。

◎記事の概要◎
社内の労働安全衛生管理に関する体制について、一番重要な人物は、衛生管理者と安全管理者です。今回は衛生管理者について説明します。
労働安全衛生規則により週1回の衛生管理者の職場巡視が義務付けられています。衛生管理者が職場を巡視することによって、より正確に現場の状況把握ができます。
そして、労働者の健康管理を積極的かつ的確に行うことができます。現場で発生している問題だけでなく、良い事柄を発見するためにも、非常に重要な役割です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME