メニュー

腸のおはなし

[2022.08.22]

今回は、「腸のおはなし」です。

脳の次に神経細胞が多く集まる腸は、「第2の脳」とも呼ばれています。
腸内環境を整えるために、今からでもできることがあります。ぜひ実践して健康な腸を手に入れましょう。

<食事について>
特に朝食は腸の動きを活発にして体内リズムを整える大切な食事です。必ず摂るようにようにしてください。
「朝起きたらまずコップ1杯の水で胃を刺激し、朝食をとったら20~30分後に排便をする」といった習慣づけをすることで、1日のリズムを整えられます。
日々の食事はバランスが大切ですが、腸内環境を整える食材を意識的にとりいれるとより効果的です。

●腸内環境を整える食材
 【プレバイオティクス】
  野菜・果物・豆類・海藻類・甘酒などオリゴ糖や食物繊維を多く含むものを「プレバイオティクス」といいます。腸内細菌のエサとなって菌が増えるのを助け、腸内を活性化させます。
 【プロバイオティクス】
  ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・みそ・漬物など腸内環境を整える働きをする菌を多く含むものを「プロバイオティクス」といいます。菌は腸に留まりませんが、通過するときに常在菌によい効果をもたらすため、毎日続けてとることをおすすめします。

次回以降、引き続き「腸のおはなし」をお伝えしていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME