メニュー

腰痛借金について

[2022.09.22]

今回は、「腰痛借金」についてです。

皆さんは、腰痛借金という言葉はご存じでしょうか。

髄核(椎間板の中心にあるゲル状の組織)が、通常は椎間板の中央になりますが、前かがみの仕事を続けていると後ろ(背中側)に移動します。
これが腰痛借金のある状態です。この腰痛借金が積み重なると、髄核が後ろへずれたままとなり、ぎっくり腰やヘルニアといった腰での2大事故が起きる可能性が高くなってしまいます。

借金はその場で返済!「これだけ体操®」をご紹介します。

●息を吐きながら3秒間腰を反らすだけ。
 ・手の指先を下にしてお尻に当て、骨盤を前へ押し出すイメージで腰の下の方(骨盤のすぐ上)とももの付け根を同時にストレッチします。
 ・肩甲骨を寄せる。両手はできるだけ近づける。足は肩幅より少し広めで平行に開く。
 ・あごは上げない。胸を開く。骨盤を前へ入れるイメージ。手はお尻に当て、1~2回押し込む。
 ・腰に親指をかけて腰だけを反らすのはNGです。特に反り腰姿勢の方は注意してください。

厚生労働省HPに腰痛予防対策講習会テキストが掲載されています。ぜひ参考になさってください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/anzeneisei02_00005.html

このように、労働安全衛生に役立つ情報や、事業場で取り入れられるようなアドバイスをお伝えしております!
健康管理支援室では、産業医の選任はもちろんのこと、
産業医選任なしで、産業医や保健師が直接、電話、WEB等で面談のみを行うことが可能です。
従業員数50人未満の小規模事業場の顧問や、スポット面談のご相談、その他各種研修も承っております。
サービス内容や料金の詳細はHPまで!お見積りはもちろん無料です。
ホームページ内、お問い合わせフォームからのご相談をお待ちしております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME