メニュー

腰痛予防対策について~その2~

[2022.06.24]

今回は、「職場における腰痛予防対策」についてです。

2013(平成25)年6月に「職場における腰痛予防対策指針」が改正されました。立ち作業やオフィスなどでの座り作業での腰痛予防対策も示されています。

【作業別腰痛予防対策】(一例)
立ち作業
  ・不自然な姿勢での作業とならないよう、作業機器や作業台は、作業者の体格を考慮して配置する。
  ・長時間立ったままでの作業を避けるため、他の作業を組み合わせる。
  ・1時間に1・2回程度の小休止・休息を取らせ、屈伸運動やマッサージなどを行わせることが望ましい。
  ・床面が硬い場合は、立っているだけでも腰に負担がかかるので、クッション性のある靴やマットを利用して、負担を減らすようにする。

次回は座り作業における予防対策をご紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME