メニュー

糖尿病について

[2022.11.07]

今回は、「糖尿病」についてです。

11月14日は世界糖尿病デーです。

2016年に実施された糖尿病実態調査※(平成28年国民健康・栄養調査)によると、
日本には約1000万の「糖尿病が強く疑われる人」が存在します。
さらに、「糖尿病の可能性を否定できない人」も約1,000万人おり、
合計で総人口の15%を超える約2,000万人の糖尿病患者および予備群がいると推定されています。
糖尿病の重症化予防のためには早期発見・早期治療が重要ですが、
医療機関や健診で糖尿病といわれたことのある人の中で、
「治療を受けていない」人の割合は、特に男性の40~49歳の働き盛り世代で最も高く、
約5割が未受診または治療中断という状況です。
糖尿病には痛みなどの自覚症状が少ないことから、
疑いがありながらそのまま治療を受けないケースが多くあることが、その要因と考えられています。

定期健康診断で、血糖値が高いと指摘された際には、自覚症状がなくても受診し、適切な治療を受けましょう。

また、糖尿病は予防が肝心です!
飲料の「糖分」に注目しましょう。
ある炭酸飲料500ml1本に入っている砂糖の量は、スティックシュガー(1本=4g)何本分に相当するでしょうか?
 ⇒答えは、14本分、およそ56g相当の砂糖が入っています!
ジュースなどを飲むときには、その飲料に含まれる砂糖の量に注目してみましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME