メニュー

生活習慣を振り返りましょう②

[2022.08.25]

今回は、「生活習慣を振り返ろう②」です。

カラダを動かしましょう!

●在宅ワークは太りやすくなります。
在宅ワーク(家の中での移動のみ)の場合、消費エネルギーは約50キロカロリー、片道1時間の通勤をしている場合(職場内の移動を含む)の消費エネルギーは400キロカロリーと言われています。
在宅ワークによって消費カロリーが減ることで、1日あたり350キロカロリーが余分に加算されていきます。単純に計算すると、1か月で体重が1キログラム増加することになります。(出典:日本生活習慣病予防協会)
また、在宅時間が増えることでついついお菓子に手が伸びるということになりがちです。

●座りっぱなしは死亡リスクが高まります。
仕事に集中して、気づいたらずっと同じ姿勢で座っていることはありませんか?
1日のうち11時間以上座っている人は4時間未満の人と比べ、死亡リスクが40%も高まると言われています。
(出典:Hidde P van der Ploeg, et al.Arch Intern Med.2012 6 ;172(6):494-500)
30分に1回は立ち上がって動き、座りっぱなしによる健康リスクを軽減しましょう。外出できない日が続くと、つい運動不足になりがちです。運動不足を解消することでストレスが軽減し、自己免疫力も高まります。
まずは、自宅でもできる手軽な運動から始めてみましょう。

厚生労働省HPに「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」が紹介されています。https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple-att/2r9852000002xpr1.pdf
アクティブガイドでは、まずは今より10分多く体を動かす「+10(プラス・テン)」を奨励しています。参考にしてみてください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME