メニュー

熱中症対策の1つ「WBGT管理」について

[2022.04.19]

今回は、「熱中症対策」についてです。

「WBGT管理」は熱中症対策の1つです。

「WBGT」とは、Wet Bulb Globe Temperatureの頭文字で、
日本語訳では「湿球黒球温度」です。
「熱中症指数」や「暑さ指数」とも言います。
熱中症の発生がある職場で暑熱管理を行う時に用いる指数です。

実は、温度計と湿度計だけでは熱中症の発症リスクがわかりません。
そのため、単一の指数で熱中症の発症を予想できるように
人為的に作った温度です。
この「WBGT」が28℃を超えると、急激に熱中症の発症リスクが上がるので、
特に注意の呼びかけや熱中症対策行動が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME