メニュー

熱中症の予防対策の準備について

[2022.04.22]

今回は、「熱中症の予防対策の準備」についてです。

職場における熱中症により、毎年20人が亡くなり、約600人は4日以上仕事を休んでいます。
職場での熱中症の予防対策の一部を紹介します。4月中に検討をし、5月から確実に実施できるよう、確認してみましょう。

設備対策・休憩場所確保の検討
 簡易な屋根の設置、通風または冷房設備やミストシャワーなどの設置により
 WBGT値を下げる方法を検討しましょう。
 また作業場所の近くに冷房を備えた休憩場所や日陰などの涼しい休憩場所を確保しましょう。
服装などの検討
 通気性の良い作業着を準備しておきましょう。
 身体を冷却する機能をもつ服の着用も検討しましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME