メニュー

歯を丈夫にする食生活について

[2022.06.14]

今回は、「歯を丈夫にする食生活」についてです。

いつまでも丈夫な歯を保つためには、食事の習慣にも注意が必要です。

★丈夫で健康な歯を保つ栄養
 歯の形成に不可欠なカルシウムや、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富にとれるサクラエビなどの魚介類や干しシイタケをはじめとするキノコ類、また海藻類や乳製品を毎食バランスよくとるように心がけましょう。野菜では、カルシウムやビタミンA、Cが豊富に含まれるニラがおすすめです。
 また、歯のエナメル質を強化するビタミンAが豊富なニンジン、かぼちゃ、レバー、鰻、歯の象牙質の形成に必要なビタミンCが含まれるレモン、キウイ、みかん、ブロッコリー、ゴーヤなどもとりましょう。

★口内の酸性化を抑える
 梅干しや酢の物など、酸っぱい味のものは唾液をたくさん分泌するので、間接的に口の中を清潔に保つことを助け、酸性化を抑えます。また繊維質の多い野菜などは噛むことで唾液の分泌を促し、歯垢を付きにくくする効果が期待できます。

※全国健康保険協会 健康サポート 季節の健康情報 平成25年6月を参考にいたしました。

健康管理支援室では、産業医の選任はもちろんのこと、
産業医選任なしで、産業医や保健師が直接、電話、WEB等で面談のみを行うことが可能です。
従業員数50人未満の小規模事業場の顧問や、スポット面談のご相談も承っております。
サービス内容や料金の詳細はHPまで!お見積りはもちろん無料です。
ホームページ内、お問い合わせフォームからのご相談をお待ちしております。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME