メニュー

室内熱中症について

[2022.08.08]

今回は、「室内熱中症」についてです。


総務省消防庁によれば、2019年の熱中症発症場所の4割弱が住居(敷地内全ての場所を含みます)となっています。
新型コロナウイルス感染者数が多く、外出を控えることが推奨される今年の夏は、これまで以上に室内熱中症への対策が必要です。

●室内熱中症の対策ポイント6箇条
 1.温度と湿度を気にする
 2.室温を適切に保つ
 3.こまめな水分補給/適度な塩分補給/休憩
 4.生活リズムを整える
 5.体を暑さに慣れさせる
 6.自分も家族も熱中症になるかもしれないとお互いに気にかける

●室内熱中症に特に注意したいシーン
 ・ペットと過ごす時
 ・高齢者は部屋で過ごす時
 ・在宅ワーク時
 ・入浴時
 ・冷房の効いていない場所、湿度の高くなりやすい場所を掃除する時
 ・ベランダや庭で作業する時
 ・キッチンで料理する時
 ・子供が遊ぶ時
 ・睡眠時

上記事項を参考にしていただき、屋外はもちろんのこと、自宅をはじめとする室内でも熱中症対策を心がけましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME