メニュー

労働安全衛生法の歴史

[2022.04.14]

今回は「労働安全衛生法の歴史」についてです。

労働安全衛生法は1972年に制定されました。

その前身となる1911年制定の「工場法」は、1947年に制定された「労働基準法」と統合されます。
その後、産業の発展に伴い、労働問題も多く発生していくなか、どんどん内容も増え、
ついには、単独の法律として切り出され、「労働安全衛生法」が制定されました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME