メニュー

令和4年全国労働衛生週間~準備期間に実施する事項②~について

[2022.09.06]

今回は、「令和4年全国労働衛生週間~準備期間に実施する事項②~」についてです。

令和4年の全国労働衛生週間は、10月1日(土)~10月7日です。
「全国労働衛生週間」は、労働者の健康管理や職場環境の改善など『労働衛生』に関する国民の意識を高め、職場の自主的な活動を促して労働者の健康を確保することを目的として毎年実施しています。

今年のスローガンは、「あなたの健康があってこそ 笑顔があふれる健康職場」です。

なお、全国労働衛生週間の実効を上げるため、9月1日から9月30日までが準備期間とされています。
準備期間中に、以下の重点事項をはじめとして、日常の労働衛生活動の総点検を行いましょう。
順に重点事項をご紹介します。今回は「②職場におけるメンタルヘルス対策」です


②「労働者の心の健康の保持増進のための指針」等に基づくメンタルヘルス対策の推進
 a 事業者によるメンタルヘルスケアを積極的に推進する旨の表明
 b 衛生委員会等における調査審議を踏まえた「心の健康づくり計画」の策定、実施状況の評価及び改善
 c 4つのメンタルヘルスケア(セルフケア、ラインによるケア、事業場内産業保健スタッフ等によるケア、事業場外資源によるケア)の推進に関する教育研修・情報提供
 d 労働者が産業医や産業保健スタッフに直接相談できる仕組みなど、労働者が安心して健康相談を受けられる環境整備
 e ストレスチェック制度の適切な実施、ストレスチェック結果の集団分析及びこれを活用した職場環境改善の取組
 f 職場環境等の評価と改善等を通じたメンタルヘルス不調の予防から早期発見・早期対応、職場復帰における支援までの総合的な取組の実施
 g 「自殺予防週間」(9月10日~9月16日)等をとらえた職場におけるメンタルヘルス対策への積極的な取組の実施
 h 産業保健総合支援センターにおけるメンタルヘルス対策に関する支援の活用

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME