メニュー

テレワークにおけるメンタルヘルス④

[2023.11.27]

今回は、「テレワークにおけるメンタルヘルス」について、
特にテレワークテレワークにおけるメンタルヘルス対策のポイントと留意点についてです。

メンタルヘルス対策では、次の3つの「予防」を円滑に行う必要があります。
  一次予防:ストレスチェック制度の活用や職場環境等の改善を通じてメンタルヘルス不調を未然に防止する
  二次予防:メンタルヘルス不調を早期に発見し、適切な措置を行う
  三次予防:メンタルヘルス不調となった労働者の職場復帰の支援等を行う

そのためには、メンタルヘルスケアを推進するための教育研修・情報提供等を通じて、事業場内外の各関係者による「4つのケア」を効果的に推進することが重要です。

★4つのケア★
【セルフケア】一般労働者 労働者自身によるケア
 ・ストレスやメンタルヘルスに対する正しい理解
 ・ストレスチェックなどを活用したストレスへの気づき
 ・ストレスへの対処
【ラインによるケア】管理監督者 管理監督者による部下である労働者に対するケア
 ・職場環境等の把握と改善
 ・労働者からの相談対応
 ・職場復帰における支援 など
【事業場内産業保健スタッフ等によるケア】産業医、保健師、衛生管理者等
 ・具体的なメンタルヘルスケアの実施に関する企画立案
 ・個人の健康情報の取り扱い
 ・事業場外資源とのネットワークの形成やその窓口
 ・職場復帰における支援 など
【事業場外資源によるケア】事業場外の機関・専門家(EAP等)
 ・情報提供や助言を受けるなど、サービスの活用
 ・ネットワークの形成
 ・職場における支援 など

参考資料:厚生労働省「テレワークにおけるメンタルヘルス対策のための手引き」

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME