メニュー

ストレスチェックと職場環境改善PDCAサイクル③について

[2022.07.20]

今回は、「ストレスチェックと職場環境改善PDCAサイクル③」についてです。

前回までは、Plan<計画・実施前準備>、Do<実施>についてご紹介しました。
今回は、Check<評価>とAct<改善>です。

職場環境改善を実施して終わりにするのではなく、定期的にフォローアップして、その取組の効果を確認しましょう。

<職場環境改善を成功させる秘訣>
●事業場内外の支援者がフォローしましょう。
 職場環境改善の活動を、(安全)衛生委員会や事業場内産業保健スタッフ、外部機関などがサポーターとなり、一定期間フォローしましょう。進捗の状況をフォローして、うまくいかないときは相談役となり、うまくいっているときは一緒に喜ぶことにより、現場任せばかりでない取組になります。
●結果だけでなく、改善活動の過程を重視しましょう。
 職場環境改善に取り組んでも1年後の集団分析結果が良くならない、休職者が減らないことがあります。業務に関する要因や企業を取り巻く状況など複合的な要因が集計結果に反映されることもあり、職場環境改善の効果がみられるまでには時間がかかることも多いからです。
 職場環境改善のためにも話し合いの場を持てたことや改善案の提案がなされたこと等の職場改善活動の過程も評価しましょう。

その他、厚生労働省HPにて、改善主導別職場環境改善フローチャートや具体的な取組事例が紹介されています。
厚生労働省HP これからはじまる職場環境改善~スタートのための手引~
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055195_00011.html

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME