メニュー

ご相談事例 その②

[2022.05.23]

今回は、「ご相談事例」についてです。

弊会へいただいたご相談事例をご紹介します。

【ご相談内容】
 半年間問題なく仕事をしていた従業員が頭痛や倦怠感などの体調不良を訴え休むことが増えた。
 職場担当者からも体調確認をしているが「少し休めば大丈夫とのことです。」とのこと。
 精密検査などを受けたが原因は分からず。現在も2週間に1回程度の休みが続いている。
 従業員に対してどのような対応をすればよいかわからない。
【弊会からのご提案】
 産業医面談を実施し、精神科(心療内科)への紹介状を発行しました。その後保健師にて担当者を通じて本人の受診状況を確認しました。
 その後、主治医から産業医の紹介状に対する返事が発行されました。その内容を踏まえて、本人への配慮について職場担当者と打ち合わせをするなど、職場と主治医の橋渡しを行いました。
【結果】
 受診により開始された内服により、不快症状は改善しました。
 職場からの業務量の配慮もあり、以降、内服を続けながら休みなく勤務が続けられています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME