メニュー

風しんの追加対策

[2024.07.05]

今回は、「風しんの追加対策」についてです。

厚労省より「風疹の追加的対策」の発表がありました。
各市区町村で【昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性】が風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されました。

風しんワクチンの定期接種の機会がなかった【昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性】を対象として、
風しんの抗体検査と予防接種を原則無料で実施しています。
お住まいの市区町村から送られたクーポン券を使って、2024年度まで、風しん抗体検査と予防接種を原則無料で受けることができます。

【追加的対策のポイント】
(1)特に抗体保有率が低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、予防接種法に基づく定期接種の対象とし、
  3年間、全国で原則無料で定期接種を実施
(2)ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査を受けていただくこととし、補正予算等により、全国で原則無料で実施
(3)事業所健診の機会に抗体検査を受けられるようにすることや、夜間・休日の抗体検査・予防接種の実施に向け、体制を整備


健康で安心な職場の環境整備のため、下記の対策をご検討ください。
(1)従業員が抗体検査や予防接種のために医療機関などの受診を希望した場合には、ご配慮ください。

(2)入社時などに、予防接種の記録の確認を本人に呼びかけるようにしてください。

(3)職場での感染予防のため、風しんにかかった人の休暇についてご配慮ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME