医療法人 福命会 健康管理支援室

TEL:06-6263-2255
月 ~ 金 : 9:00~17:00

Information&News

中小企業経営者の健康マネジメント

2018年11月16日(金)に「中小企業経営者の健康マネジメント~日仏共同研究より~シンポジウム」に参加してまいりました。

フランスのAMAROK(中小企業経営者健康問題支援機構)と日本のAMAROK JAPANが行った共同調査研究の成果を元に中小企業経営者自身の健康マネジメントのあり方についての講演をお聞きすることができました。

AMAROKでは、中小企業経営者や個人事業主を対処に健康への認識や生活習慣などを伺う電話による聞き取り調査を実施し、以下の結果を報告していました。

<結果>
フランス人経営者は、日本人経営者に比べ、ストレスを感じる人が多く、孤独感が高いが、仕事の充実感が高く、また労働時間が少なく、睡眠時間も長いため、フランス人経営者の方が「気分」「体調」がよい人が多い。

また、中小企業経営者の健康として、「燃え尽き症候群のリスク分析と対策」についての講演をお聞きしました。

大企業は経営者の死によって株価が大きく変動することはないですが、
中小企業の場合は、万が一経営者が早世した場合の後継者や譲渡計画が確定していないため、倒産の危機の可能性が高く、以下のイデオロギーの傾向があります。

中小企業経営者の陥りやすいイデオロギー
・病気になっている時間がない
・病気になる権利がない
・休暇中だけ、病気になることができる

また以下の項目に当てはまるものが多いほど、燃え尽き症候群の可能性が高いです。

燃え尽き症候群判定ツール
あなたの仕事について考えたとき
1) 疲労を感じる
2) 一部の人たちにより失望させられていると感じる
3) 絶望感を感じる
4) 立ち往生していると感じる
5) 無力感を感じる
6) 落ち込みを感じる
7) 肉体的に弱い又は病んでいると感じる
8) 自分を「落ちこぼれ」で無価値と感じる
9) 「もう沢山だ」と口に出す

一部の人たちにより失望させられていると感じる人は、期待するだけ深い失望感を覚えることとなるため、社員に自分と同様の熱意を期待しないほうがよいでしょう。

健康づくりの8つのルール
① これ以上苦しまないように行動する 
② 積極性を創り出す
③ 自身の有用性を認識する
④ 行動の自由のために自ら整える
⑤ 関与する
⑥ 他人の援助を得られるようにする
⑦ 自らを愛し、他人を愛する(自尊心)
⑧ 大きく考える

そして講演では健康づくりのため上記を心掛けるとよいでしょうとご助言がありました。
中小企業経営者は燃え尽き症候群のリスクが高いため、無理をしすぎず、健康づくりを行いましょう。