医療法人 福命会 健康管理支援室

TEL:06-6263-2255
月 ~ 金 : 9:00~17:00

Information&News

月100時間超の時間外労働は産業医に報告義務

2017年6月1日より、月100時間以上の時間外労働をしている労働者について、産業医に報告することが義務化されました。

労働安全衛生規則
(規則第52条の2関係)
事業者は、毎月1回以上、一定の期日を定めて、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間の算定を行ったときは、速やかに、その超えた時間が1月当たり100時間を超えた労働者の氏名及び当該労働者に係る超えた時間に関する情報を産業医に提供しなければならないものとする。

本改正の背景にあるのは過労死の増加です。そして、その背景に伴い産業医に求めらる役割が工場の安全確保などからオフィス業務における過重労働やメンタルヘルスも考慮した内容に変わってきています。法改正に関わらず、貴重な命が失われぬよう企業と産業医の協力体制の強化が望まれます。

弊会HP関連記事:2017年06月01日 産業医制度等に係る省令改正について