医療法人 福命会 健康管理支援室

TEL:06-6263-2255
月 ~ 金 : 9:00~17:00

労働安全衛生法の解説

【Vol.12】職場巡視

産業医
こんにちは。
今日は、『職場巡視』についてお話ししましょうか。
総務部長
ぜひお願いします。
産業医
まず、職場巡視について、実施規定をご存知ですか?
総務部長
月1回産業医の先生と職場を見て回ることですよね。
産業医
おっと!
それだけが、職場巡視ではないですよ。
総務部長
えっ?他にもしなければいけなことがあるんですか?
産業医
まず、先ほど言っていただいた「産業医との職場巡視が月1回」はその通りです。
総務部長
はい。
産業医
そして、衛生管理者には週1回の巡視義務があるんです。
総務部長
えっ?そうなんですね。(汗
実はやってくれていることを願います。
産業医
今後は徹底してください。
総務部長
承知しました。
産業医
そして、職場巡視において重要なことがあります。
それは、なんだと思いますか?
総務部長
問題になりそうなことがあれば、即対応することだとお思います。
産業医
そうですね。
即対応したくなりますよね。
そこをグッとこらえてもらいます。
総務部長
えっ?だって、危険因子の排除はすぐにしないと、誰かが怪我をしたら大変ですよ?
産業医
はい。その通りです。
しかし、それを巡視担当者だけで対応してしまうと、また同じことを繰り返してしまいます。
総務部長
つまり、現場担当者に対応させるべきだ。ということですか?
産業医
いいですね。そういうことです。
総務部長
ありがとうございます。
産業医
では、具体的に職場巡視の際に必要な持ち物はなんでしょうか。
総務部長
工場なら、ヘルメット、安全ベスト・・・
産業医
ここで必要なのは、記録を残すことなんですね。
総務部長
ということは、危険箇所マップ、紙、ペンでしょうか?
産業医
デジカメです。
これで、対象箇所を撮影して残しましょう。
総務部長
なるほど。
世の中には便利なものがありますもんね。
産業医
あとは、4つの数字を計っていただき記録していただきます。
総務部長
4つの数字・・・ですか?
産業医
はい。
① 温度 ② 湿度
③ 照度 ④ 騒音 です。
総務部長
①②については、既に温湿度計を設置しています。
産業医
ちなみに、温湿度計はどちらに設置されていますか?
総務部長
基本的には、作業者のいる場所の近くですが?
産業医
そうですね。正解です。
作業者が長くいる場所などがあるのであればその場所の環境を把握できるようにしてください。
総務部長
ちなみに先生、温度や湿度は何度に保つのがよいのでしょうか?
産業医
事務所衛生基準規則 第五条第3項に規定されていますので、紹介しますね。

事務所衛生基準規則
(空気調和設備等による調整)
第五条
3  事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。

総務部長
室内が17~28度で、湿度が40~70%ですね。
産業医
そうです。
そして、次は③照度と④騒音です。
総務部長
これは、何を買えばいいのでしょうか?
産業医
まず、照度計も騒音計も6,000~15,000円くらいですね。
ただ、今は無料アプリでどちらも計れる便利なものがあるので一度確認してみてください。
総務部長
経費削減の中では、非常に助かりますね。笑
産業医
そうですね。笑
では、4つの計測結果と撮影した写真をまとめましょうか。
総務部長
はい。
産業医
テンプレートはお渡ししてましたよね。


temple_jyunshi

総務部長
はい。
これに写真と内容を記載します。
で、課題のある担当部署に回覧します。
産業医
いやいや、待ってください。
これを衛生委員会で上げてください。管理職も含めて現状を把握していただきたいので。
総務部長
承知しました。
では、明日の衛生委員会で早速上げます。
産業医
はい。そして、担当部署に対応してもらうのですが、対応後の写真も撮ってもらってくださいね。
総務部長
なるほど。
改善前後をしっかりと記録しておくということですね。
産業医
前後の写真を衛生委員会に上げて共有してください。
総務部長
わかりました。
職場巡視の大切さも含めてよく理解できました。
ありがとうございました。
産業医
みんなが安全に気持ちよく働ける職場を提供できることは、大きな魅力となりますからね。
それでは、また次回よろしくお願いします。