医療法人 福命会 健康管理支援室

TEL:06-6263-2255
月 ~ 金 : 9:00~17:00

労働安全衛生法の解説

【Vol.10】衛生委員会の運営

総務部長
先生こんにちは。
今日もよろしくお願いします。
産業医
こんにちは。よろしくお願いします。
今日は、衛生委員会の運営についてお話しします。
総務部長
運営についてわからない部分があるんです。
産業医
では、まず、衛生委員会の開催はどのような頻度で実施されておられますか?
総務部長
必ず、「月1回」実施しています。
産業医
いいですね。
次に議事録は作成されていますか?
総務部長
はい。(提出)


衛生委員会_議事録フォーマット

産業医
なるほど。では、衛生委員会の運営にあたり、ポイントを議事録をベースに見ていきましょう。
総務部長
よろしくお願いします。
産業医
まずは、『労使同数の原則』が重要です。
総務部長
労働者と使用者の人数が同じでなければならないということですか?
産業医
おっしゃる通りです。
『労働者代表』=多くは36協定締結者
『使用者代表』=企業の代表
総務部長
では、最低でも2人ということですか?
産業医
いえ、あと『議長』が必要ですので、最低3人ですね。
総務部長
議長は、どの立場の人がいいんでしょうか?
産業医
その事業場の管理権限を持っている方が望ましいです。
総務部長
わが社の場合は、私ですね。
産業医
そうですね。
工場長・支社長・人事部長などが議長に就任されるケースが多いです。
総務部長
では、具体的に衛生委員会を運営するにあたって気を付けるべきポイントを教えてもらえますか?
産業医
最も重要なポイントは、「自由な討議」が行われることです。
これは、労働安全衛生法第十七条、十八条に記載されています。

労働安全衛生法
(安全委員会)
第十七条  事業者は、政令で定める業種及び規模の事業場ごとに、次の事項を調査審議させ、事業者に対し意見を述べさせるため、安全委員会を設けなければならない。

総務部長
なるほど。
では、衛生委員会の進行時は、労働者代表の発言が必須ですね。
産業医
そうですね。
議長は、その手腕で貴重な意見の抽出ができるようでないと!笑
総務部長
おっと!
先生からのプレッシャーが・・・苦笑
産業医
現場に解あり!
ですから、実のある衛生委員会であるためにも、皆さんの意見を伺いましょう!

労働安全衛生法
(衛生委員会)
第十八条  事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、次の事項を調査審議させ、事業者に対し意見を述べさせるため、衛生委員会を設けなければならない。

総務部長
そうでね。
では、次回は衛生委員会への参加をお願いします。
産業医
分かりました。
では、本日はこれで終わりましょうか。
総務部長
ありがとうございました。